2-01江陵

2008年7月31日 (木)

秋の江陵

Cimg0585
柿が実る船橋荘の庭先

Cimg0570

Cimg0569

Cimg0573
秋のこもれび

Cimg0583
芸術の秋

Cimg0568

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

2008 江陵端午祭の詳細

江陵端午祭の由来と詳細

2005年、ユネスコ世界無形文化遺産

「人類口承および無形文化遺産の傑作」
選定された江陵端午祭

2001年の宗廟祭礼楽とパンソリに続き、
韓国では最初に、
千年間続いた伝統祭りとして
世界無形文化遺産に登録されています。


江陵端午祭は、韓国の代表的な伝統信仰である

巫俗・儒教・仏教・道教の流れが調和した祭り

旧暦4月5日の神酒を醸す事から始まり、
5月5日(新暦6月8日)の前後6月4日~6月11日まで
江陵市内にて、本格的な伝統ある祭りが開催されます。


端午祭では、
端午グッ(巫女の祈りの儀式)、官奴仮面劇、
端午風物市、端午ブランコ、パンソリ民謡、
海外からの世界無形文化遺産
も見られます。

続きを読む "2008 江陵端午祭の詳細"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

江陵端午祭

ユネスコ世界遺産の祭りで、韓国の祭りを体感

Photo_8

韓国最大規模の江陵端午祭(カンヌンたんごさい)。
夜中まで人々が集まり、賑わっている。


●概要
時期 2008年6月6日(金)~10日(火) 
    6月4日(水)~11日(水)
長くなりました
場所 江陵市 特設会場(端午場)

ソウルから車で東に3時間。
江陵(カンヌン)は、古からの文化が息づく街です。

そんな江陵に、600年前から伝わる端午の祝祭が、
江陵端午祭です。

Photo_9

祭りの見どころ

①世界遺産の祭り

  江陵端午祭りは、ユネスコ世界無形遺産に指定されています。
 韓国に3つしかない世界無形遺産です。
 ちなみに、日本では能楽、人形浄瑠璃文楽、歌舞伎が登録されています。

②人気の仮面劇

  この地域に伝わる官奴仮面劇は、身振り手振りでわかる
 面白おかしいパフォーマンスで、海外の方にも人気です。


③「韓国の祭り」を満喫

  いつでも、公演が会場のあちこちで開催されています。
 屋台もずらりを軒を連ね、その規模は韓国最大です。
 いわゆる「韓国の祭り」が楽しめます。


Photo
官奴仮面劇は、言葉を越えたパフォーマンス。

2
ナンジャンと呼ばれる屋台は、夜遅くまで人でいっぱい。






 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

海岸列車

2007年9月 朝日放送「朝だ!生です 旅サラダ」で放送されました。

美しい海を眺めながら走る、海岸列車。

海岸列車(Seaside Train)は、58kmの海岸線を走るローカル列車です。
おしゃれな内部空間とラッピングデザイン、
そして、何よりも、車窓からの眺めで
が魅力です。

2_2




江陵~三陟、58kmを結んでおり、

すべての座席から海が一望できます。
というのも、すべての座席が海側を向いているんです!

1_3
1号車(特別室 36席)

2_6
2号車 (特室 30席)

3_2
3号車(一般室 42席)


●乗車料金
特室  片道 15,000w(全区間一律)
一般室 片道 10,000w(全区間一律)
プロポーズ席 50,000w(2人/全区間一律)


●時刻表 1日3便運航

上り

三陟

三陟海岸

チュアム

東海

墨湖

正東津

江陵

三陟→江陵

08:40

08:48

08:52

09:00

09:10

09:38

10:00

12:00

12:08

12:12

12:21

12:31

12:57

13:18

15:50

15:58

16:01

16:14

16:26

16:50

17:06

下り

江陵

正東津

墨湖

東海

チュアム

三陟海岸

三陟

江陵→三陟

10:30

10:49

11:15

11:25

11:35

11:38

11:45

13:50

14:11

14:35

14:46

14:55

14:59

15:06

17:20

17:40

18:04

18:15

18:24

18:28

18:35

>
江陵~正東津の1区間なら、所要時間20分。
プチ乗車体験がたのしめます。


Photo_2

ドラマ「砂時計」のロケ地にもなっていました。
主人公の男女が深夜、ソウル発の列車に乗って、
江陵の日の出を見に行くんです。


詳しくは、Korailホームページ(韓国語)にて。





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)